狭い庭でも広く見えるようなウッドデッキ庭デザイン。(高木ヒメシャラに宿根草)

目次

狭い庭を広く見せる

ウッドデッキとウッドフェンスを設えた庭。

庭をウッドデッキをフェンスまでの一面を覆って、床面の素材をウッドフェンスまで伸ばします。

お隣の敷地との境界側にウッドフェンスつなげて狭い庭を広く見せます。

りな
ねえ、最近ウッドデッキの隣にあるヒメシャラの箱庭を見た?あそこ、すごく素敵だったわよ。
もみじ
ええ、あのウッドデッキの上にヒメシャラの赤褐色の幹が馴染んでいて、草花が一段と映えているのよね。狭い庭でも床がフェンスまで同じ素材になると広く感じるね~。
りな
ウッドフェンスを色や素材を合わせるとより広がりを感じるね!
もみじ
このウッディな庭空間に植え付けるために植物用の開口部を床の一画に開けますよ~。
りな
オシャレでシンプルなデザインね!ウッドデッキで他の地面を覆っているので、管理しやすそう!
もみじ
裸足でも歩けて、座ったり寝転んだりもできちゃうよ!
りな
このウッドデッキのヒメシャラの箱庭、まるで魔法の世界みたいだわ。私も作ってみたいな。

ウッドフェンス際を植付けコーナーにして家から距離を離します。

すると庭周りを歩ける空間が出来てフェンス際は高木や下草で飾り付けて機能的でお洒落な庭づくりができちゃいました!

お庭が広い場合には、庭の中ほどに枡のような四角くくり抜いて、高木の下枝を少なくすると人が通りやすい空間が作れます。

ウッドデッキいち面の寝転べる空間

フェンス際に高木と宿根草や下草を植えます。

高木はウッドデッキの色に近い幹色の樹種は馴染んできれいに見えます。

ヒメシャラの幹は赤褐色なので、ウッドデッキやウッドフェンスにダークブラウンを選んだ場合など映えてきれいに見えます。

フェンス際なのでまっすぐ伸びやすく隣の敷地にあまり枝が出ないような樹種がオススメです!

ウッドフェンスは木板の間に隙間をあまり作らないようにします。

フェンス板の隙間が大きいと背景の裏が見えて一体感がそがれるので、お好みで調整しましょう。

裸足で歩く幸せ

りな
そう、ウッドデッキの通路は裸足で歩いたり、寝転がったりできるの。気持ちいいわよ。
もみじ
外から見えないとウッドデッキにガーデンチェアやハンモックをおいて気兼ねなく寝転んだりできるわ。
りな
私は木陰で本を読みたいわ!!
もちろん枝が出た場合は、剪定しましょう!剪定は枝が分かれるている分岐点の場所で切ると、ぶつ切りして、如何にも剪定したてのような木姿になりにくく、自然な樹形を保てます。

高木の選び方(ヒメシャラ)

高木はお隣の敷地に入らないようにまっすぐ伸びる樹種を選びました。

また、ウッドデッキやウッドフェンスと馴染んだ幹色の木にしています。

もみじ
ヒメシャラは真っすぐ伸びやすい木であまり枝が暴れないから、うって付けかもね!
そうだね!もちろん枝が出た場合は、剪定しましょう!
剪定は枝が分かれるている分岐点の場所で切ると、自然な樹形を保てるよ。
もみじ
枝をぶつ切りしちゃって、いかにも剪定したてのようなカッコ悪い木になりにくいのね!わかったわ!

フェンス際なのでまっすぐ伸びやすく隣の敷地にあまり枝が出ないような樹種がオススメです!

ヒメシャラの幹。比較的まっすぐですね。
もみじ
ヒメシャラの幹は赤褐色なので、ウッドフェンスにダークブラウンを選んだ場合など映えてきれいに見えるわ!
りな
ヒメシャラの特徴は「つるっ」とした赤味の入った樹皮が魅力的!。
ヒメシャラの幹の樹皮がめくれたところ

幹の枝が少な目で、スッキリした樹形です。

下部の枝が横に広がらないので、デッキの通路で枝を気にせず歩けます。

枝が出ても下の方の小枝は、成長する過程で枝が落ちて行きます。

秋から冬は幹をさすってみるとポロポロッと樹皮がめくれて取れて行きます。

ヒメシャラのめくれた樹皮

めくれた後の新しい幹を触るとなめらかでつるつるしています。サルスベリのよう。

そして、6月頃に花が咲きます。

白い花が春が過ぎて梅雨に入ってひとしきり花が咲いて寂しくなった頃に咲きます。

結構の木の上の方に花が付きますね。

ヒメシャラはいろんな楽しみのある木になります。

雑木の苗と草花ショップ ぞう木り...
季節のヒメシャラ 春の新緑から秋の紅葉まで葉の色彩変化と赤い樹皮の生まれ変わり 赤い幹の雑木姫沙羅(ヒメシャラ)。雑木の庭でも人気のヒメシャラ!真っすぐ上に伸びる性質なので玄関前などの狭い場所での植付けもOK!シンボルツリーなどでも使われます...

ウッドデッキの下草や宿根草

ヒメシャラの下草には、日陰の植物宿根草などの花や明るい色の葉を持つ日陰の植物を添えてみました。

ウッドデッキのモダンデザインにウッドフェンスを背景に西洋風の草花が色のコントラストがくっきりして美しく見えますね。

イラストのウッドデッキにくり抜いたスペースの下草は西洋オダマキ・ビジューサフィール、エゴポディウムです。

植付け場所にウッドチップを撒くことで雑草を防ぎ低木の根を日差しから守る効果もあります。

日陰の植物の水切れを助ける保水の役割もあります。

ウッドデッキと色のトーンも合っていてプロっぽくセンスのある庭になりました!

雑木の苗と草花ショップ ぞう木り...
西洋オダマキ ビジューサフィール(宿根草)翌年以降の開花の可愛い小苗です。 春先に花弁の先が白く縁どられ全体は濃い紫の花は、小ぶりですがゴージャス感を感じさせます。一輪でも美しいですが、株全体では花束のような見栄えになります。花粉の黄色...

レンガブロックの小道と花壇

レンガの小道ではウッドデッキと色調のトーンが調和していて、草花が一段と映えているのよね。

それにウッドデッキから世界観が統一されて草花が並んで植わっていると連続性があって少し長く広く感じるわ!

ウッドデッキから続いて小道に行ってアメリカ͡コデマリ・ディアボロ、ヒューケラ、ローズマリーと植えられています。

レンガ小道

ここでは草花や低木を並べて植えています。

広さのある庭では、奥行きを感じられるように見せられますが、デッキから小道を見ながら奥行きを魅せるようにしています。

レンガの目地を白色でしっかりと造る時は造園屋さんに施工をお願いしましょう。

市販のレンガを手に入れて、土に並べるならDIYでチャレンジしましょう。

土を掘って地面に平行において、目地の間隔を等間隔にするのがコツですが、面積が大きいとちょっと苦労することが多いです。

あわせて読みたい

 イラストを描いてくださっている @324mzh0517様のインスタグラム 是非ご覧ください!

https://www.instagram.com/324mzh0517/

あわせて読みたい
雑木の庭の植物の選び方や配置(下草から高木まで) このガーデンブログの記事では雑木の庭の植物の選び方、樹種や配置について書いていきます。 雑木の庭では日本の里山にある木々や下草などを基本とし配植します。 自然...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次